CAINESセミナーリンク
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |

第14回 コンソーシアム主催セミナー 

第14回目コンソーシアム主催セミナーは、コンソーシアムメンバーたちとのコラボ企画ということで、国際水産養殖技術展に出展をしてきました。
開催場所:東京ビックサイト
日時:2022年8月24日(水曜)ー26日(金曜)
意見交換会:8月25日(木曜)18時30分~ 九寨溝(きゅうさいこう)銀座店

Keyword

  • 大阪公立大学養殖場高度化推進研究センター
  • コンソーシアム コラボ企画
  • 国際水産養殖技術展

養殖場高度化推進研究センターコンソーシアムメンバー出展者一覧

こちらでも出展者を見ることが出来ます。

大分県水産研究部

大分県におけるIoTを活用した24時間リアルタイム赤潮監視体制

大分県水産研究部では、有害赤潮プランクトンの自動観測体制を構築するため、九州大学、環境システム株式会社、JFEアドバンテック株式会社と観測装置およびセンサーの共同研究を行い、この度IoT技術を用いた赤潮監視体制の現場への実装化に成功しました。現在、大分県佐伯湾では本システムを用いた24時間赤潮監視が実施され、養殖生産の安定化に寄与しています。総務省地域社会のデジタル化に係る参考事例にも掲載中。

広島県総合技術研究所

広島県総合技術研究所のVR/AR技術

VR/ARを一次産業に利用するための技術集積を行っています。中でも水産養殖業においては,育成中の生簀内やかき養殖筏下のVR動画を養殖操作や診断に利用できないか検討しています。これまでの一方向の撮影動画と異なり,VR動画では任意の方向を注視でき,また潜水観察より自然な状態の養殖対象魚介を観察できる点に有用性があると考えています。新しい技術を何に使うのか?一緒に考えるパートナーを募集してしています。

広島県総合技術研究所

PEかき筏&トレー式養殖

広島県立総合技術研究所は,ポリエチレン(PE)パイプ製のかき養殖筏の開発を企業と共同で行っています。従来の竹製筏の耐用年数は5年程度でしたが,耐候性PEを使用することで40年以上利用可能となる見込みです。また,加工性に優れ適宜の修繕が可能な上,リサイクル可能な資材です。この筏に,トレー式養殖を組合わせ,環境配慮型で持続的なかき養殖システムを目指しています。

北海道浜中町

厚岸霧多布昆布森国定公園

北海道浜中町は道東釧路地方の東端に位置しています。太平洋に面した霧多布半島を形成し、厚岸霧多布昆布森国定公園の一角をなしています。約67kmに及ぶ海岸線には砂浜、奇岩絶壁が在り大小さまざまな島が点在し美しい景観に包まれています。南部に位置する霧多布湿原は、火散布沼、藻散布沼とあわせ「ラムサール条約登録湿地」に認定されているほか、北海道遺産に選定されています。漁業・酪農業の盛んな町です。

北海道浜中町

浜中養殖うに

浜中養殖うには、浜中沿岸の良質な昆布のみを餌として与えられ、海中に沈めたかごの中で養殖されています。その品質は、市場でも高い評価を得られています。

和歌山県

和歌山県スマート養殖漁業推進事業

和歌山県は約651kmに及ぶ海岸線を有しており、北部から南部までの広い範囲において、魚類、貝類、藻類など多様な種類の養殖業が営まれています。現在、本県では農林水産業のスマート化を推進しており、養殖業については「和歌山県スマート養殖漁業推進事業」として、養殖事業者とメーカーとのマッチングや、新技術の導入支援などに取り組むことで、養殖業の振興を図っています。

日本海工株式会社

ロボセン

日本海工株式会社は、四胴型自動航行船『ロボセン』を開発しています。養殖場において自動で水質計測をしてまわる船がロボセンです。定点保持等が可能な極めて珍しい自動航行船です。うに・かきの養殖場の自動水質モニタリングで使われています。

株式会社東京久栄

深層学習を用いた水質予報システム

株式会社東京久栄では、水質観測ブイや自動航行船で取得された水質データを学習データとして、深層学習による水質予測AIモデルを開発し、漁業者自ら運用できるシステムの構築を最終目標に研究開発を行っています。